安全への取り組み

 当社では、企業経営に関する信条(社是)を達成すべく、「関係法令の遵守」と「安全最優先」を原則として「運輸安全マネジメントシステム」(平成18年10月導入)を展開し、輸送の安全確保に努めています。

運輸安全マネジメントシステム

 輸送の安全に関する基本方針、重点施策及び目標の設定並びに計画の策定・実行・チェック・改善(PDCA)を実践しています。

輸送の安全確保についての基本方針
《経営者(社長)レベル》
当社は、輸送の安全確保を通じ、公共の福祉への寄与と事業発展の並立を図る。
《経営者レベル》
輸送の安全確保を図るため、従業員の安全と健康の確保を当社の業務基盤とする。
《従業員レベル》
従業員の安全と健康の確保への取り組みは、当社の業務に携わる者全ての義務である。
輸送の安全に関する重点施策
  1. 安全管理規程の遵守と不断の見直しを実施
  2. 安全管理に関する費用の予算化と予実算管理の実施
  3. 輸送の安全に関する連絡体制の確立(協力会社含め)
  4. 輸送の安全に関する教育研修の実施
  5. 協力会社と輸送の安全に関する協議を行い、相互の安全性の向上を図る
  6. インターネットを通じて、輸送の安全に関する情報公開を実施
  7. 輸送の安全に関する内部監査の実施
輸送の安全に関する組織体制

当社では、安全統括管理者を選定し、以下のような組織を形成しています。
また、輸送の安全確保が、積極的かつ効率的に行われるよう、予算設定に努めております。

事故・災害時に関する報告連絡体制

 社内ITネットワークにより、本社・支店及び営業所がリアルタイムに事故・安全情報を共有するシステムを構築し、連絡体制を維持しています。

輸送の安全に関する目標等(平成24年度から5ヶ年)
(1)輸送の安全・事故に関する目標
 自動車事故報告規則第2条に定義する事故(転落事故・火災事故・踏切事故・死傷事故など)の報告件数は、ゼロ件を目指す。
(2)輸送の安全確保に関する取り組み方
 当社の細胞組織である営業所単位に「運輸安全マネジメント安全衛生年間計画」を策定し、日々輸送の安全確保に向けて取り組む。
(3)輸送の安全に関する内部監査
 「運輸安全マネジメント安全衛生年間計画」が「安全管理規程」どおりに実施・改善されているかを評価するため、1年に1回以上の内部監査を行い、必要に応じ予防・是正措置を講じる。

平成28年度の目標については、達成しました。
詳細は、下記のとおりです。

輸送の安全に関する計画
輸送の安全に関する主な行動実績
実施項目 実施項目
通年
  • 平成28年度重点目標周知
  • 職場巡回パトロール(安全管理部)
  • 定例全社会議開催(1回/月)
  • 職場安全会議参加(安全管理部)
  • 運輸安全マネジメント推進計画の周知
  • 永年勤続・優良従業員表彰
  • 春の交通安全運動
10
  • 全国労働衛生週間期間中の経営トップ等による職場巡回パトロール
  • 『事故ゼロの日』運動
  • 管理者研修会
  • 運輸安全マネジメント内部監査
  • 『事故ゼロの日』運動
11
  • 健康診断結果フォロー
  • 運輸安全マネジメント内部監査

12
  • 年末年始安全総点検
  • 年末年始交通安全運動
  • 運輸安全マネジメント内部監査
  • 全国安全週間期間中の経営トップ等による職場巡回パトロール
  • 運転記録証明書取得
  • 年末年始交通安全運動期間中の経営トップ等による職場巡回パトロール
  • 『事故ゼロの日』運動
  • 平成29年度営業所重点目標設定
  • 事故防止目標標語募集・表彰
  • 管理者研修会
  • ドライバーコンテスト参画
  • 秋の全国交通安全運動
  • 管理者研修会
  • 管理者研修会
  • 事故防止目標標語募集・表彰
  • 平成29年度運輸安全マネジメント推進計画策定
輸送の安全に係る内部監査の結果及びそれを踏まえた措置内容

 平成28年度に社内の監査委員による内部監査を実施した結果、不適合所見はありませんでした。今後も「運輸安全マネジメント」の継続的改善により、輸送の安全確保を推進して参ります。

輸送の安全に関する予算等の実績額

 平成28年度の安全教育指導、運行管理機器(デジタコ・ドラレコ等)、その他を含めた実績額は、約3,200万円程度でした。

安全統括管理者・安全管理規程

 安全統括管理者:平成27年6月1日付で、石川 正雄(取締役安全管理部長)を選任しております。


平成29年3月末現在の事故発生件数は、以下の通りです。

事故種類 平成
25年度
平成
26年度
平成
27年度
平成28年度
456789 101112123
転覆事故 0 0 0 000000 000000
転落事故 0 0 0 000000 000000
火災事故 0 0 0 000000 000000
踏切事故 0 0 0 000000 000000
死亡事故 0 1 0 001000 000000
重傷事故 0 0 0 100000 000000
積載された報告指定物資の
飛散又は漏洩事故
0 0 0 000000 000000
運転者の疾病により
運行できなくなった場合
0 0 0 000000 000000
車輌故障に起因する事故 0 0 0 000000 000000
国土交通大臣が
報告を指示した場合
0 0 0 000000 000000
年度別事故合計件数 0 1 0 2

※( )付数字は、被害事故

H28.6.25 死亡事故
大阪府大阪市港区福崎3丁目
集荷先出口を右折する際、左方向からの自転車に気づかず接触のうえ轢過。
H28.4.27 重傷事故
福井県鯖江市鳥羽3丁目
県道片側1車線を走行中、前方を走行していた自転車に接触。
H27.3.16 死亡事故
千葉県千葉市稲毛区穴川町
原因不明なるも、路上に横臥している者の発見が遅れ、同人を轢過。
輸送の安全に関する教育及び研修

 当社では、効果の最大化を図るため、目的・階層に分けた階層教育・研修を実施しています。
 例えば、乗務員を対象に毎月行われる安全会議での「乗務員法定教育」や、管理者研修時の「営業所での安全教育事例」など、安全に関する情報の共有と事故防止のための予防教育に取り組んでいます。


輸送の安全に関する設備

輸送時の安全をハード的に補完・補強するため、車輌には以下のような機器を設置しています。

(1)バックアイモニター
 運行に際しては直接目視確認を基本としていますが、大型車輌特有の死角への対応のため、車線変更・後進時の補助器具としてバックアイモニターを設置しています。
(2)デジタルタコグラフ
 当社では、走行時の速度・エンジン回転数を社則によって規定しています。運行がこの規定に則った安全なものであるかを、全車両に装着したデジタルタコグラフによって日々管理しています。
 また、計測されたデータは、事故防止のための安全教育に取り込まれ活用されています。
(3)ドライブレコーダー
 ヒヤリハットや過剰な加速度が車体にかかった状況などを映像として記録し、乗務員に自分の運転の危険性を認識させるなどの事故防止安全教育に活用しています。

 また、酒気帯び運転を撲滅するため、各事業所にアルコールチェッカーを導入しています。運行前及び運行後の点呼時にチェックを行い、酒気帯び運転による事故の根絶に努めています。
 運行が複数日に渡る場合は、遠隔点呼と併せて携帯型アルコールチェッカーでの計測も行い、酒気帯び運転の防止を徹底しています。
(平成23年5月1日から、アルコール検知器の使用が義務化されました)

安全管理規程

安全管理規程 (PDF:137Kb)

安全管理規程の表示には、Adobe Readerが必要です。

「安全性優良事業所認定(Gマーク)」の取得促進


 当社では、各事業所の安全性の向上に対する意識を高めるため、「安全性優良事業所認定(Gマーク)」の取得を促進しています。

平成29年1月1日現在の認定事業所は、以下の通りです。
種 別営 業 所有効期限
更 新 3回目 北上、鹿島、東京 4年間
2回目 本社、いわき、土浦、名古屋、
福岡、ジー・ティー・エス
4年間
1回目 常陸大宮、常陸那珂港、厚木、
石岡、神栖、横浜
3年間
新 規 大洗、鹿島北、総和
山菱トランスポート(本社)
縫友運送(本社、青森、秋田)
2年間

【 Gマークとは 】(Gマーク広報リーフレットから引用)
「安全性優良事業所」認定のシンボルマークで、高評価を得た事業所にのみ与えられる”安全性”の証です。”G”の由来はGood(良い)、Glory(繁栄)の頭文字「G」を取ったものです。