品質への取り組み

輸送品質保持のために

 現在の物流には、安全・品質・コスト・スピードを満たした、高度なレベルでの解決が求められています。当社では、全社の運行状況・運行実績を管理するシステムの構築や、温度管理システムの導入・試走による納品時間のシミュレーションなど、輸送品質を向上させ、保持するための様々な施策を行っています。
 「商品をただ運ぶ」以上の価値をプラスした当社のサービスは、多くのお客さまの信頼を得ています。

実践的な社員教育・訓練

 当社では、25年以上に渡り、全拠点の管理者を対象にした安全・品質管理・顧客満足度向上のための幅広いテーマでの研修を継続実施しています。
 また、運行管理者資格等、輸送業務に関連する資格試験も積極的にバックアップ。時代に適応した物流サービスをご提供するため、社員全員の意識レベル向上を目指した研修・教育を行っています。

 さらに、各拠点での乗務員安全会議・各種実技講習・管理者の同乗教育など、オペレーターの技術・意識向上のための教育も計画的に行っています。
 車輌の構造や保守方法・安全操作基準の確認・荷役機器の取り扱い・運行時の危険予知訓練など、その項目は多岐に渡ります。

ハードを支える

 円滑な輸送をお約束するため、幅広い自社保有車輌を整備・点検する自社整備工場を完備。車検整備・定期点検・緊急修理など、専門の整備士が細部までメンテナンスしています。

安全運行=エコロジー

 当社では、点呼にアルコールチェッカーを導入し、飲酒運転を未然に防ぐための取り組みを続けています。
 また、全ての車輌にデジタルタコグラフ(デジタコ)を装着し、速度オーバーなどを音声指導。同時に、運行中の速度やエンジン回転数などを計測・記録して運行を詳細に管理することで、速度違反の抑止・燃料消費量の削減を図っています。
 速度を守り、燃料の消費を抑えることで、CO2排出量も抑制されます。コンプライアンスを守り、安全に運行することは、エコロジーにもつながるのです。

環境保全活動

 当社では、地球温暖化対策の一環として、環境負荷の低減につなげるため「グリーン経営認証制度」の取得を促進しています。

 平成28年7月末現在、以下の事業所が更新認証を取得しています。

名古屋営業所、東京営業所、鹿島営業所