安全への取組

EFFORTSaFORaSAFETY

Scroll

安全への取り組み

OUR SOLUTION

 当社では、企業経営に関する信条(社是)を達成すべく、「関係法令の遵守」と「安全最優先」を原則として「運輸安全マネジメントシステム」(平成18年10月導入)を展開し、輸送の安全確保に努めています。

運輸安全マネジメントシステム

SAFETY MANAGEMENT SYSTEM

 輸送の安全に関する基本方針、重点施策及び目標の設定並びに計画の策定・実行・チェック・改善(PDCA)を実践しています。

輸送の安全確保についての基本方針

SAFETY POLICY

経営者(社長)レベル

 当社は、輸送の安全確保を通じ、公共の福祉への寄与と事業発展の並立を図る。

経営者レベル

 輸送の安全確保を図るため、従業員の安全と健康の確保を当社の業務基盤とする。

従業員レベル

 従業員の安全と健康の確保への取り組みは、当社の業務に携わる者全ての義務である。

輸送の安全に関する重点施策

SAFETY MEASURES

01.安全管理規程の遵守と不断の見直しを実施
02.安全管理に関する費用の予算化と予実算管理の実施
03.輸送の安全に関する連絡体制の確立(協力会社含め)
04.輸送の安全に関する教育研修の実施
05.協力会社と輸送の安全に関する協議を行い、相互の安全性の向上を図る
06.インターネットを通じて、輸送の安全に関する情報公開を実施
07.輸送の安全に関する内部監査の実施

輸送の安全に関する組織体制

SAFETY ORGANIZATION

 当社では、安全統括管理者を選定し、以下のような組織を形成しています。
また、輸送の安全確保が、積極的かつ効率的に行われるよう、予算設定に努めております。

事故・災害時に関する報告連絡体制

SAFETY COUNTERPLAN

 社内ITネットワークにより、本社・支店及び営業所がリアルタイムに事故・安全情報を共有するシステムを構築し、連絡体制を維持しています。

輸送の安全に関する目標等(平成30年度から5ヶ年)

SAFETY TARGET

(1)輸送の安全・事故に関する目標

自動車事故報告規則第2条に定義する事故(転落事故・火災事故・踏切事故・死傷事故など)の報告件数は、ゼロ件を目指す。

(2)輸送の安全確保に関する取り組み方

営業所単位に「運輸安全マネジメント安全衛生年間計画」を策定し、日々輸送の安全確保に向けて取り組む。

(3)輸送の安全に関する内部監査

「運輸安全マネジメント安全衛生年間計画」が「安全管理規程」どおりに実施・改善されているかを評価するため、1年に1回以上の内部監査を行い、必要に応じ予防・是正措置を講じる。

資料事故発生件数(2023年3月末現在)

資料輸送の安全に関する主な行動実績(2022年度)

輸送の安全に関する教育及び研修

SAFETY EDUCATION

 当社では、効果の最大化を図るため、目的・階層に分けた階層教育・研修を実施しています。
例えば、乗務員を対象に毎月行われる安全会議での「乗務員法定教育」や、管理者研修時の「営業所での安全教育事例」など、安全に関する情報の共有と事故防止のための予防教育に取り組んでいます。

輸送の安全に関する設備

SAFETY FACILITY

輸送時の安全をハード的に補完・補強するため、以下のような機器を設置しています。

(1)適性診断機器

定期的な適性診断(乗務員の性格、運転態度、認知・処理能力、視覚機能を計測し、個人の運転特性を把握)を行なうため、独立行政法人 自動車事故対策機構に接続し、計測を行なうための機器を導入しています。

(2)高感度携帯アルコールチェッカー

遠隔地点呼時のアルコールチェックの精度を向上させるため、高感度の携帯アルコールチェッカーを導入しました。

(3)ドライブレコーダー

ヒヤリハットや過剰な加速度が車体にかかった状況などを映像として記録し、乗務員に自分の運転の危険性を認識させるなどの事故防止安全教育に活用しています。

(3)バックソナー

後退時の後方確認の補助器具としては既にバックアイを設置していますが、さらに確認精度の向上を図るため、バックソナーを導入しました。

 また、酒気帯び運転を撲滅するため、各営業所にアルコールチェッカーを導入しています。運行前及び運行後の点呼時にチェックを行い、酒気帯び運転による事故の根絶に努めています。
運行が複数日に渡る場合は、遠隔地点呼と併せて携帯型アルコールチェッカーでの計測も行い、酒気帯び運転の防止を徹底しています。
(平成23年5月1日から、アルコール検知器の使用が義務化されました)

安全管理規程

SAFETY REGULATIONS

「安全性優良事業所認定(Gマーク)」の取得促進

SAFETY EDUCATION

 当社では、各営業所の安全性の向上に対する意識を高めるため、「安全性優良事業所認定(Gマーク)」の取得を促進しています。

【 Gマークとは 】(Gマーク広報リーフレットから引用)
「安全性優良事業所」認定のシンボルマークで、高評価を得た事業所にのみ与えられる”安全性”の証です。”G”の由来はGood(良い)、Glory(繁栄)の頭文字「G」を取ったものです。

資料認定事業所(2023年1月1日現在)